蓮心 表千家茶道教室 池坊いけばな華道教室

西武新宿線沿い西東京市田無駅より徒歩11分の表千家茶道・池坊華道教室

*平成30年 6月 稽古日のお知らせ*

2018年5月25日 Category: 稽古日のお知らせ
*平成30年 6月 稽古日のお知らせ*

*茶道教室 6月
・水曜日  6日、13日、27日  18時〜22時
・土曜・日曜日  3日、9日、23日  12時〜18時
・月数回平日昼  27日(水曜日)  11時〜15時
         25日(月曜日)  13時半〜16時

*華道教室 6月
・水曜日  7日、14日、28日  13時〜17時
・土曜日  9日、23日、30日  13時〜18時

* 今月は行事の都合で 9、23日 土曜日に華道と並行しての稽古となります。
  ご理解をお願いいたします。

 *上記田無茶道教室の時間帯に、茶室にて華道稽古可能です。お問い合わせください。

*吉祥寺「ドスガトス」教室 14日 金曜日  10時半〜12時(月1回)
 「ドスガトス」は、スペイン料理店です。この店の一角をお借りして華道教室を開催します。
 どなたでも稽古できますので、連絡フォームからご予約ください。日時も相談可能です。
 http://www.dos-gatos.com/conts/shop_info/index.html

*表参道 WAnokoto 表千家茶道教室
・火曜日 12日、26日 11時半から13時/13時半から15時
表参道教室は、私が管理できませんので、直接ワノコト表参道へご予約ください。
WAnokotoサイト→ http://www.wanocoto.com/lesson/omotesenke-sado.html
ご予約 →https://ws.formzu.net/fgen/S27680489/

*6月催しのお知らせ
・靖国神社にて「史緑茶会」が開かれます。表千家で4席。
私の先生は「洗心亭」を持たれます。
参加ご希望の方は、5月中に連絡フォームよりお申し込みください。

*池坊いけばな巡回講座
池坊中央学院東京校にて2、9、10、16、17、23、24、30、7月1、7日
 清祥会の主管担当は 7月7日です。
 華道に興味ある方は、どなたでも参加可能です。希望の方は問い合わせください。

*清祥会 華道研究会
 6月24日(日) 御茶ノ水池坊東京会館 「生花」 柴田英雄教授

 *今年度より、『茶道体験』 水屋料込みで3000円。
        『華道体験』 花代別で3000円と致します。
  ご理解くださいますようお願い申し上げます。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/

Instagram も始めました。 sado_kado_ritsuko か、
#高森梨津子#田無#茶道教室#華道教室#表千家#池坊などで検索してみてください。

西武新宿線沿い 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道教室・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

平成30年 5月の稽古日のお知らせ

2018年5月7日 Category: 稽古日のお知らせ
*平成30年 5月 稽古日のお知らせ*

*茶道教室 5月
・水曜日  9日、16日、30日  18時〜22時
・日曜日  13日、27日     12時〜18時
・土曜日  19日        12時〜18時
・水曜日  30日 (月1回不定) 11時〜15時
・月曜日  14日 (月1回不定) 13時半〜16時半
・5、6日(土曜・日曜) 庭の手入れをします。茶道の稽古はありませんが、学びの一環でもありますので有志募ります。

*華道教室 5月
・水曜日  9日、16日、30日  13時から18時
・土曜日  12日、19日、26日   13時から18時

<19日は、茶道教室と並行しての稽古になります。何卒ご了承ください。>
 *上記田無茶道教室の時間に、茶室にて華道稽古可能です。お問い合わせください。

*吉祥寺「ドスガトス」教室 18日 金曜日  10時半〜12時(月1回)
 「ドスガトス」は、スペイン料理店です。この店の一角をお借りして華道教室を開催します。
 どなたでも稽古できますので、連絡フォームからご予約ください。日時も相談可能です。
 http://www.dos-gatos.com/conts/shop_info/index.html


*表参道 WAnokoto 表千家茶道教室
・火曜日  8日、22日  11時半から13時/13時半から15時
 表参道教室は、私が管理できませんので、直接ワノコト表参道へご予約ください。
 WAnokotoサイト→ http://www.wanocoto.com/lesson/omotesenke-sado.html
 ご予約→ https://ws.formzu.net/fgen/S27680489/


* 4月30日の武蔵境「松露庵」での茶会は、多くのお客様に参加いただきまして、
 無事に開くことができました。ご参加くださった方々に深く御礼申し上げます。
 反省も多くありますが、さらに日々の稽古を大切に精進していきます。
次回を楽しみにしていてください。

 * 来月6月17日(日) 靖国神社にて、「史緑茶会」が開かれます。
  私の師匠、石渡宗雅先生が「先心亭」お持ちになります。
  他に3席「又隠」「清泉亭」「立札席」のお席もあります。10時から15時。
  松露庵デビューで「お茶会」に興味を持たれた方、どなたでもご参加できます。
  私へお問い合わせください。茶券代は6千円。

・5月催事のお知らせ
 * 5月16日(水)〜21日(月)、日本橋 三越にて いけばなの根源『池坊』展 開催。
  この華展は京都本部「七夕会」の全国華展東京版です。是非!観覧ください。
  今年は20日の13時から14時半頃まで会場にて「花展コンシェルジュ」可能です。
  お希望の方は一報ください。

 * 27日 華道池坊全国大会 松江

 * 29日(火) 表千家一般講習会

 * 今月末に社中の懇親会を開きます。ただの食事会だけではなく、四月の茶会の感想や茶道についての1分スピーチも! 流石、蓮心会です。

 *今年度より、『茶道体験』 水屋料込みで3000円。
        『華道体験』 花代別で3000円と致します。
  ご理解くださいますようお願い申し上げます。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/

Instagram も始めました。
sado_kado_ritsuko
か、#高森梨津子#田無#茶道教室#華道教室#表千家#池坊などで検索してみてください。

西武新宿線沿い 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道教室・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

松露庵「蓮心会 お茶会」のご案内

今年の桜は 60年ぶりに早いとか? その影響か全ての花が同じように早く咲いているようです。
さて、一年半前に 田無教室で「茶会・花展」を開いて以来、私たちにとって初めて本格的な茶室を借りての「茶会」を今月末に開催します。

以前、このブログで「茶事・茶会・添釜」の区別は説明していますので この場では控えますが、
「茶会」に慣れていない 私たちが開く「茶会」。
『茶道は敷居が高い!』、『着物が着れない!』、『正座が苦手!』と敬遠している方にこそ
茶道の魅力をお伝えしたい想いから開催する茶会ですので、初めての方や、海外の方も大歓迎!
是非、この機会に 日本文化を楽しく学んでください。
全てお伝えしますし、用意もありますので 何も知らない方でも全く問題ありません。

以下をご覧になり、参加ご希望の方は 「問い合わせフォーム」よりお申し込みください。
不明な点は 詳しく説明いたします。

 *日時:平成三十年 四月三十日(祝)
 *各回予約制ですので 希望時間の第一希望と第二希望を以下からお知らせください。
 *各回15分前が集合時間です。

 ① 11時から11時45分
 ② 12時から12時45分
 ③ 13時から13時45分

 *場所:松露庵茶室
  東京都武蔵野市桜堤1-4−22(私立古瀬公園内)駐車場はありません。
  旧古瀬邸を改修した、趣きある茶室です。

 *茶券:千円(和菓子・抹茶)

 *ご予約は、お名前・ご連絡先(ご住所)・ご希望時間・人数を明記の上お申し込みください。
 *ご予約が完了しましたら、茶券と地図をお送りいたします。
 *正座が苦手な方には座椅子のご用意もございます。遠慮なくお申し付けください。

日頃の稽古の稽古の成果を精一杯発揮して社中一同 皆様のお越しをお待ちしています。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/


西武新宿線沿 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

平成30年4月稽古日のお知らせ

2018年3月24日 Category: 稽古日のお知らせ
* 4月 稽古日のお知らせ*

*茶道教室 4月
・水曜日  4日、11日、18日、25日  18時〜22時
・日曜日  1日、8日、15日、22日、29日  12時〜18時
・月1回平日昼  25日(水)  11時〜15時
・今月は特別に 23日(月)も 14時〜17時まで稽古します。 今月は2月・3月の振替分として稽古日を多く設けています。

 * 1日は11時より「利休忌」を開きます。(3月のお知らせ参照)
 * 29日は30日茶会のための準備をします。

*華道教室 4月
・水曜日  4日、11日、18日、25日  13時〜18時
・土曜日  7日、14日、21日  13時〜18時
・吉祥寺「ドスガトス」教室 13か20日 金曜日   10時半〜12時(月1回)
 「ドスガトス」は、スペイン料理店です。今月からこの店の一角をお借りして華道教室を開催します。どなたでも稽古できますので、連絡フォームからご予約ください。日時も相談可能です。
 http://www.dos-gatos.com/conts/shop_info/index.html

 *上記茶道教室の時間に茶室での華道稽古、可能です。お問い合わせください。

*表参道 * 表千家茶道教室
・火曜日 10日、24日  11時半から13時/13時半から15時
表参道教室は、私が管理できませんので、直接ワノコト表参道へご予約ください。
WAnokotoサイト→ http://www.wanocoto.com/lesson/omotesenke-sado.html
ご予約→ https://ws.formzu.net/fgen/S27680489/


 *4月30日(祝・月)、武蔵境「松露庵」にてお茶会を開催します。
 (詳細は別途お知らせします)

 *今年度より、『茶道体験』 水屋料込みで3000円。
        『華道体験』 花代別で3000円と致します。
  ご理解くださいますようお願い申し上げます。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/

西武新宿線沿い 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道教室・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

平成30年3月の稽古日と催しのお知らせ

*3月 稽古日のお知らせ*

茶道教室 3月
・水曜日 7日、14日、28日  18時〜22時
・日曜日 4日、18日、25日  12時〜18時
・月1回平日昼 28日(水)     11時〜15時

 * 「利休忌」を、3月28日(水)の昼・夜、4月1日(日)に開催します。
  利休の遺徳を偲ぶ、茶道を学ぶものにとって とても大切な行事です。
    供茶、茶カブキ(七事)、精進料理で追善の一日を過ごします。
  (詳しいことは、直接ご説明いたしますので、問い合せください。)

華道教室 3月
・水曜日  7日、14日、28日   13時から17時
・土曜日 10日、17日、24日  13時から18時
・吉祥寺教室「花心(はなこころ)」   10時半から12時(月1回)

 *上記茶道教室の時間に茶室でなら華道稽古が可能です。ご相談ください。

*表参道 WAnokoto 表千家茶道教室
・火曜日 13日、27日 11時半から13時/13時半から15時
表参道教室は、直接ワノコト表参道へご予約ください。
WAnokotoサイト→ http://www.wanocoto.com/lesson/omotesenke-sado.html
ご予約→ https://ws.formzu.net/fgen/S27680489/


*尚月会「春の能会」のお知らせ*
 2月25日(日) 川崎能楽堂にて 13時半から16時20分
 今年三年目となります。去年と同様、蓮心会社中による添釜のもてなしもあります。
 私の演目は、連吟「経政」、そして初めて「橋弁慶」の仕舞もさせていただきます。
 今年は、三年前のこの会で能の世界に足を踏み入れた社中の初舞台と、
 社中有志三人による謡初挑戦もあります。
 勿論 鑑賞無料。予約不要。JR「川崎駅」から徒歩7分、
 どうぞお気軽にお越し下さいませ。

* 3月21〜31日 「第85回 池坊東京連合支部 いけばな池坊展」のお知らせ*
 上野・東京都美術館
 私は、21日(祝)・22日(木) 特別席15番にて生花二重いけ、生徒が152番と180番で出瓶します。
 25・26日も生徒が193番で出瓶です。
 回覧希望の方は連絡ください。券を差し上げます。

* 4月茶道茶会のお知らせ*
 4月30日(土)、武蔵境「松露庵」にて蓮心会茶会を開催します。
 ・詳細は追ってお知らせいたします。
  初心者の方対象に、茶会を楽しむ会を企画中です。
 是非ご参加ください。自分で云うのも可笑しいですがきっと楽しめますよ。

*「トーゴ大使夫人と共に茶事と精進料理を楽しむ会@駒場前田邸迎賓館」*
 国際芸術家センターからの依頼で大好評の茶会を今年は三月にトーゴ大使夫人を招き開催します。
  (満席になり、キャンセル待ちの受付のみとなりました。ありがとうございます。)


*今年度より、『茶道体験』 水屋料込みで3000円。
       『華道体験』 花代別で3000円と致します。
 (体験後入会されるのが当月の場合、実費を除いた体験料は返金致します。)
 ご理解頂けますようお願い申し上げます。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。
https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/
西武新宿線沿い 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道教室・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

平成30年 2月 稽古日と初釜のお知らせ

*平成30年 2月 稽古日のお知らせ*

 茶道教室  2月
・水曜日    14日、21日、28日    18時〜22時
・日曜日   11日、18日     12時〜18時
・月1回平日昼  21日(水曜日)     11時〜15時

*田無茶道教室の時間帯に、茶室にて華道稽古が可能な場合もあります。
 直接お問い合わせください。

 華道教室  2月
・水曜日    7日、14日、21日     13時〜18時
・土曜日    10日、17日        13時〜18時
・2月の土曜日稽古は、3月3日に振替となります。
・吉祥寺華道教室 『花心(はなこころ)』 日(木)10時半から12時半 (月1回不定)
*24日 清祥会華道研究会・御茶ノ水学園にて
*28日 いけばなインターナショナル・石渡理史講師による池坊デモストレーション・御茶ノ水学園にて 13時〜15時半


*表参道 WAnokoto 表千家茶道教室
 今年度から、毎週火曜日に「表千家教室」を開講します。開講時間も増えました。
 (私は変わらず第2・4火曜、私の推薦した表千家講師が第1・3・5火曜を担当します。
 しばらくは、私が全日担当しますので 是非いらしてください。)
・火曜日  6日、13日、20日、27日  開講時刻はワノコトのHPをご覧ください。
 表参道教室は、私が管理できませんので、直接ワノコト表参道へご予約ください。
 WAnokotoサイト→ http://www.wanocoto.com/lesson/omotesenke-sado.html
 ご予約 →https://ws.formzu.net/fgen/S27680489/

*平成30年度「初釜」のお知らせ*
 「初釜」とは、新年を寿ぐ「茶事」。我が家では毎年立春に開きます。
 前茶形式(「炭」「濃茶」「茶懐石」「薄茶」)で11時から開く正式な茶事です。
 初心者から上級者まで、一緒に参加し、楽しむことが出来ます。
 ご希望の方は、直接お尋ねください。

*尚月会「新年能」のお知らせ*
 2月25日(日曜日) 川崎能楽堂にて13時から
 私の演目は「経政」。無本、連吟。そして、初めて「橋弁慶」の仕舞にも挑戦します。
 鑑賞無料。昨年同様、蓮心会社中にて添釜を致します。
 お気軽にお越しくださいませ。


*今年度より、『茶道体験』 水屋料込みで3000円。
       『華道体験』 花代別で3000円と致します。
 (体験後入会されるのが当月の場合、実費を除いた体験料は返金致します。)
  ご理解頂けますようお願い申し上げます。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/


西武新宿線沿い 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道教室・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

「道」ってなあに?

2018年1月5日 Category: その他のお知らせ
皆様、明けましておめでとうございます。

平成三十年の干支は戊戌(つちのえいぬ)。1月2日には怖いくらい美しいお月様、そして今年は月食が
2回も見られるとのことで ワクワクしている私ですが、陰陽五行思想に詳しい友人曰く『土と土との組み合わせ=比和=土の性質が重なり強い年』だそうで、いわゆる土地が動く(地震など?)、
また、あらゆる「変動の年」になるとのことです。
人それぞれの運勢は自分の干支との組み合わせで変わるのでしょうから、私にはよくわかりませんが、何か<新しい動き>が生まれる年なのかもしれないと感じています。

私の今年のテーマは、「出会い」。
「一期一会」という言葉に代表されるように一瞬一瞬を大切に生きているつもりの私ですが、
つい 忙しさに流されてもしまいます。
年末年始はそんな一年を振り返り、反省とともに新たな目標をたてられる貴重な時節ですね。
今年は特に「出会い」を大切に、毎日を丁寧に過ごしたいと思います。

今日は昨年投稿し切れなかった事柄を記載します。“道”について、です。
(11月13日のブログへも写真などの追加投稿できました。)

夏休みに「親子で華道教室」を開催した際、私自身改めて“道”という言葉の意味を調べました。
そこで『道 ってなあに ?』をテーマに「華道、“いける”とは?」「華道の歴史」を
小学四年生の男の子たちと一緒に話しながらノートに書き、秋の七草を実際に生けました。

   
 感想は、『凄んごく 面白かった! イエイ! やったね!』。(笑)
帰宅後 自分たちなりに歴史を調べて、生けた花のデッサンに色付けして、立派な自由研究に仕上げたそうです。私も素直な男の子たちの真剣な姿勢に癒され、とても楽しい時間でした。

さて、この私たちが 当たり前に受け入れ わかったつもりになっている「道」という言葉。
実は、この言葉が定着したのは明治時代なのだそうです。
確かに、千利休が活躍していた頃は「茶の湯」と云われていましたものね。
江戸時代までは 剣道・柔道などの武術は「剣術」「柔術」など全て「術」。
華道は「立花(りっか)」、香道は「聞香(もんこう)」、書道は「書・手習い」でした。

何故 明治時代に「術」が「道」という言葉となったのか、私なりに想像してみました。
明治維新により改革され劇的に変動した時代。西洋の芸術、新たな思想や、異文化の導入も盛んでした。人々の意識や価値観も大きく転換したことでしょう。
それまで日本人同士の間で当たり前に通じ合っているはずの概念などを改めて言葉で示唆する必要に迫られたのではないか?政府の意図も何かしらあったでしょう。
新しい思想が入り、時代が急激に変わっていくことにより日本人の意識も変わっていく・・ その混乱を何らかの方法で統括する必要が生まれ、日本人の精神性を重んじるスピリットを “道” というその一文字に込めたのではないか?

本来 「道」という漢字は、古代中国で老子が「道(タオ)」という 事物や世界の本質、人としての生き方、その根底に迫る意味をもつ言葉です。その思想、概念を元に「〇〇道」となったのかもしれませんね..
(*話はそれますが昨年10月、この件について調べている時、生徒の在籍する東京大学の公開講座に誘われ 安冨 歩教授の<「道」とは何か? 『論語』と『老子』の世界観 >の講座を受講することできました。分かりやすいお話と教授の真摯な姿勢に感動し、とても勉強になりました。)

   ⇦安冨 歩教授 素敵な方でした。
(本題に戻ります。)

我々 茶道・華道などに用いられる “道” の言葉が意味するものとは?
私の見解を記します。
 「道」とは、< 結果ではなく、過程(プロセス) >。

西洋から導入した多くのスポーツの「勝つ」こと、<結果>が 重要ではないのです。
(勿論西洋のスポーツにも礼を重んじるものもありますので一概には言えませんが。)

  「◯◯道」の“道”とは、それらを媒体に 学び続けるとこを通して
  自らの生き方や自然の悟りを得るための “道” 。

 「悟ろうとする努力の経過」が“道”。
 “未完の美” の価値観、なのです。

分かりづらいかもしれませんが、ここが西洋の芸術の つねに新しいものを求めて発展進歩を求めるところと、根本的に違うところかもしれませんね。
しかし ここが、私のこの道の一番好きなところでもあります。

終わりがないからこそ、完成がないからこそ、勝ち負けがないからこそ、深い意味がある世界。
一生かけて学ぶ意味のある素敵な世界です。
今年も皆さんと出会い、一緒に学べることを楽しみにしています。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/


西武新宿線沿 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

IAC 駒場前田邸迎賓館茶会 レポート

2017年12月31日 Category: 茶道のお知らせ, イベントのお知らせ
2017年3月に開催した IAC(国際芸術家センター)主催、「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」の様子がアップされたので、報告します。
(と、公開していたつもりでしたが、IAC側のアップを待つうちに忘れてしまい、投稿されていなかったことに今気がつきまいした。)
開催予告とともに満席となる好評をいただいてるこの企画、2018年も3月11日に開催します。すっかり遅くなりましたが 昨年の報告をご覧ください。

 掛物は、「福寿海無量(ふくじゅかいむりょう)」。『観音経』の中にある一句です。観世音菩薩の功徳は「福を聚めた大きな海のように深く無量にある」という意味の言葉です。
今日は大使夫人を迎え 皆で集まることの出来た喜びの想い、喜びの気持ちを この掛物に込めました。

当日は「お彼岸」の最中でしたので、お花を「彼岸桜」にしました。染井吉野より、ひと足早く咲く桜に これから迎える春の華やかさを感じてもらいたいと思い選びました。
書院の床の間なので本来は重厚感のある花入れが良いのですが、京都から立派な青竹が手に入りましたので「青竹」に。切りたての竹の青さは、その時一度きりなのでどの器よりご馳走を表せると云います。庭に咲いた「貝母(バイモ)」という可憐な草花を添えてました。
『茶花は野にあるように かろがろ と生けよ』と利休の言葉が残っています。
茶花は、その地方の旬の花を生けて、お客様を迎える心が大切です。

お菓子は「松風(まつかぜ)」。京都の老舗菓子屋「亀屋陸奥」。このお菓子は、信長と石山本願寺の11年続いた合戦のさなかに 兵糧として考案されたという いにしえの菓子です。

お菓子にちなんで お点前の道具も「旅箪笥」という 棚に。
今の時代では、まるで春の麗らかな野点を連想させますが、実はこの棚は 秀吉が小田原征伐の折、利休に命じて考案させたものなのです。
この棚に、水指や茶器、柄杓、蓋置など、お茶を点てるのに必要な道具を全て収納して 担いで運べるように工夫されています。
明日の命が約束されない戦国時代、男性達はどんな心でお茶一服を戴いていたのでしょうか。。

「嫁入り前の習い物」 と思われがちな「茶道や華道」ですが、実は「男性が命がけで培ってきた日本の美意識の集大成」ということを 少しでも伝えられたら、と思い 室礼を考えました。

こうした集まりで、「四季折々を楽しめる日本の素晴らしさ」を、体感していただけたら幸せに思います。

この日はわたしも 皆様と 歴史ある建物のなかで 心豊かな時間を過ごすことが出来ました。

 IACのブログです↓
http://iactokyo.jp/2017/04/25/teacelemony_komaba_0320/

日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/

平成30年 1月 稽古日のお知らせ

2017年12月31日 Category: 稽古日のお知らせ
*平成30年 1月 稽古日のお知らせ*

 茶道教室  1月
・水曜日   10日、17日、24日     18時〜22時
・日曜日    7日、21日、28日     12時〜18時
・月1回平日昼(水曜日)  24日      11時〜15時

*21日、11時より一時間ほど着物の着付けアドバイします。

*28日は、稽古として同時間に「庭の手入れ」をします。
 「庭手入れ」予定日時: 22,26,27,29,31日。参加可能な方は連絡ください。

*今年度の初釜は、2月3、4日に開催します。
 上記参加希望の方は、直接お問い合わせください。

 華道教室  1月
・水曜日   10日、17日、24日     13時〜18時
・土曜日   13日、20日、27日     13時〜18時
・24日(水)は、茶室での稽古となります。
・茶道教室の時間帯に、茶室にて華道稽古が可能な場合もあります。

・吉祥寺華道教室 『花心(はなこころ)』 25日(金)10時半から12時半 (月1回不定)

*表参道 WAnokoto 表千家茶道教室
 今年度から、毎週火曜日に「表千家教室」を開講します。開講時間も増えました。
 (私は変わらず第2・4火曜、私の推薦した表千家講師が第1・3・5火曜を担当します。
 しばらくは、私が全日担当しますので 是非いらしてください。)
・火曜日  9日、16日、23日、30日  開講時刻はワノコトのHPをご覧ください。
 WAnokoto教室は、私が管理できませんので、直接ワノコト表参道へご予約ください。
 WAnokotoサイト→ http://www.wanocoto.com/lesson/omotesenke-sado.html
 ご予約 →https://ws.formzu.net/fgen/S27680489/

* 平成30年度 華道新年会は、1月14日(日曜日)ホテル ニューオータニにて。


*『茶道体験』は、水屋料込みで3000円。
 『華道体験』は、花代別で3000円と致します。
 (体験後当月入会される方は、実費を除く体験料は返金致します。)
 ご理解頂けますようお願い申し上げます。


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/


西武新宿線沿い 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道教室・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子

外国人の方へ「茶事」で おもてなし

2017年11月13日 Category: 茶道のお知らせ, その他のお知らせ
 『今、日本がクール! 』 京都は勿論、富士山、秋葉原、、昨年日本を訪れた外国人は約2.400万人。わずか5年で3倍に増えたそうです。身近な街のあちこちで日々観光客を見かけるようになりましたね。2020年の東京五輪へ向けて私たちはさらに多くの外国人を迎えることになるでしょう。

 思いおこせば数年前 我が家でも、学芸大学の交換留学生30名位のへ茶道指導をしました。「座禅(呼吸法)」「茶庭からの席入り」「茶道の歴史」「茶室での礼法(炭点前・拝見の仕方・それぞれの意味)」「二人一組で実際に一服点て、いただききあう礼法の体験」などを行いました。『日本は素敵!』と若き学生たちが語るキラキラした瞳が印象的でした。
 個人的にも10年以上前から友人の依頼で、スペイン、ドイツ、イギリスなど各国の客人への茶道体験を開いています。華道でも 日本の大学生へ華道講師をさせていただいたり 華道ワークショップを開いたりして日本の文化を伝えることをし続けています。その経験を通して私が一番感じることは、『多くの日本人が自国の文化を知らないでいる』ということです。

 実は私、1987年(丁度30年前ですね) NYへ遊学しました。たった2~3ヶ月程でしたが、その時現地で知り合った日本人が あまりに日本の文化を知らないまま外国で暮らしていることに とてもショックを受けました。茶道・華道を習い始めていた私は、『どの国の文化もそれぞれに素晴らしい。でも真の国際交流とは、まず自国の文化を知り、紹介しあうことから始まるのでは?』と気付いたのです。
『これから益々、世界へ旅立つ日本人が増えるはず。そうした方々へ私が茶道・華道を伝えていけるよう学ぼう』と決意し帰国。夢中で稽古を重ね 今の私がいます。が、30年経ちその状況は当時より改善されているのでしょうか? (一概に言えませんが)英会話に堪能な人は増えても文化を学ぶ人は減少しているのではないかと感じます。そうだとすると とても残念なことです。

 我が家の教室では2年程前から中国人(日本語堪能)が数名稽古へ来ています。彼女たちと話をしていて気が付いたことがあります。
一人の生徒が云いました。『私は日本へ留学したくて必死に日本語を勉強してきました。そして日本に住むことが出来た今、中国のことが大好きな方々が私に中国の歴史などを詳しく聞いてきます。しかし、私は自国 中国のことをあまり勉強してきませんでした。それが今、恥ずかしいです。』と。
それを聞いた時に、どこの国でも同じなんだと分かりました。そして、日本人に伝えたい と こだわることを止めました。時間はかかるかもしれないけれど、私は国籍は関係なく 伝統文化「茶道・華道」を学びたい体験したいと願う方へこの素晴らしい文化を正しく伝えていくことが大切なんだと決意を新たにしました。思えば、日本人は昔から自国の良きものの多くを外国の方から教えられて気が付いています。上高地や桂離宮に代表される観光地や仏像・絵画もしかり。最近は盆栽も、外国の方の『クール!』で見直されていますものね。

 今年九月、生徒の友人から「海外から来日する西洋からの外国人を茶道で もてなしてほしい。」との依頼を受けました。依頼者の日本の方々も茶道を全く知らないので一緒に参加したい とのことでした。

茶道のおもてなしの極意は「茶事」です。せっかくなら表面的なことだけではなく、今までの私の経験を駆使し工夫すれば茶道の極意を体感していただけるのではないか、と内容を企画。
丁度同時期に 中国から一週間集中稽古のために来日する中国人女性と、スペインへ転勤する前の二ヶ月短期学習に学びに日本人女性が来ていたので、その生徒達にもこれは一番の勉強になると 平日に二週連続で「茶事(ダイジェスト版)の会」を開催しました。

 内容は、正式な茶事の流れを体験してもらうもので、①「寄付き」②「茶庭で蹲踞を使用し席入り・拝見・挨拶」③「炭点前・炭や香合の説明」④「一汁一菜の精進茶懐石と一献」⑤「濃茶・続き薄」。最後に「質疑応答」と「記念撮影」。
外国の方は正座が出来ませんから椅子も用意し、時間をかけないことに留意しました。
 写真は ④の精進料理の一部、一膳の内容は「玉蜀黍ご飯、昆布の出汁椀にとろろ昆布と刻んだ枝豆と梅干し、向こう付けは、胡麻豆腐(下に自家製味噌)。」
煮物椀の代わりに八寸「昆布の素揚げと、獅子唐」と日本酒。
   
全て私の手作り。当日の半東にはこれらの作り方を教えました。
両日とも、お客様からは『茶道の奥深さを感じることが出来た』と 大感動・大満足していただけました。なかなか、お開き出来ないくらい沢山の感謝の言葉を頂きました。
西洋の方々(6名)には写真撮影も構わないと伝えたのですが、静かに流れる時間に感動してくださり、シャッター音の全くしない茶の湯の時間を全身で味わってくださいました。

 中国人女性と日本人女性と私で一緒に露地で撮影した写真はあります。とても神秘的。
      華道の稽古も2回。

写真右上の中国から一週間茶道と華道の稽古のためだけに来日していたECHO(余 紅梅)さんは、日本語は勿論 ほとんど英語も話せないなか、六日間 身振り手振りで伝える私の厳しい稽古に一所懸命ついてきました。
  
そうして、最終日にお礼をしたいと 中国茶の儀式を披露してくれました。
それが、とても本格的で同じお茶の葉を時間をかけて何度も味わい、その違いを楽しむ式法でした。私達の茶道の式法より長い時間を要します。その儀式に参加し拝見している時に、納得できました。彼女は住んでいる場所は違っても 同じ「道」を極める同士だから この一週間を乗り越えられたのだと。
素晴らしい出会いであり、私にとっても深い勉強でした。

 茶道の世界、深さを言葉で説明することはとても難しいです。私は残念ながら英会話はほとんど忘れてしまいましたが、大切なことは「感じる」こと、と信じています。絵画を観る時も私たちは頭で理解しようとしていませんものね。
私が外国の方へ、あえて「茶道(茶事ダイジェスト版)の会」で 日本のおもてなしをしたい理由は、言葉を超えた何かを感じてもらいたいから。
身体で感じ 感動することで、もう一歩先を覗いてみたい そしてそれを「知りたい」と突き動かされるものだと思うから。そんな一瞬を感じていただきたい。それが趣旨です。

 最近、外国人に日本文化を紹介する(インバウンドと言うのですね)「Vacation Japan」『日本の伝統文化スペシャリスト(茶道・華道)』に登録されました。外国の方から直接アポが来るそうです。どうしましょう(笑)
少しは英会話を勉強し直さなくてはなりませんね? いやいや、自信ないなぁ・・
ん? 継続は力?・・はい。 頑張ります(汗;)


日々の稽古や、生徒の作品、ワークショップの様子などをF.B.に(たまに)アップしています。 https://www.facebook.com/茶道教室-華道教室-438381252917488/


西武新宿線沿 西東京市 田無駅より徒歩11分の表千家茶道・池坊華道いけばな教室
蓮心会 高森 梨津子